deezus blog

.Net Core、Typescriptを中心に技術的ノウハウを公開しています

社会保険の手続きの話

はじめに

合同会社は厚生年金に加入しなければなりません

厚生年金保険の適用事業所となるのは、株式会社などの法人の事業所(事業主のみの場合を含む)です。また、従業員が常時5人以上いる個人の事業所についても、農林漁業、サービス業などの場合を除いて厚生年金保険の適用事業所となります。
https://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/jigyosho/20150518.html

必要な手続きは、事業所登録と、従業員の厚生年金加入です
社労士さんに依頼してもいいのですが、それほど難しくなさそうなので自分で行いました

新規適用届

新規適用届に必要事項を記入し、窓口で提出するか郵送します
見本の通り記入すればいいので、特に難しいことはありませんが、個人的に一つ書き間違えたのが2枚目の「(サ)3 社会保険に加入しない従業員について」の部分を加入する従業員と勘違いして人数を記入してしまいました(幸い窓口で確認していただき、その場で修正しました)
ちなみに2枚目の「(シ)事業所の所在地略図」はgoogle mapを印刷したものを貼りました

www.nenkin.go.jp

その他必要な書類

新規適用届と合わせて以下の書類も必要となりますので、用意しておきましょう

  • 登記簿謄本
  • 法人番号通知書(もしくは国税局のサイトを印刷したもの)

被保険者資格取得届

被保険者資格取得届に必要事項を記入し、窓口で提出するか郵送します
こちらも見本の通り記入すれば良く、特に難しいところはありませんが、「事業所整理番号」はこの時点では割当られていないので、空欄のまま提出しました

事業所整理番号は新規適用届を提出後、事業所に割り当てられます
ですので、被保険者資格取得届は番号取得後に手続きを行うものと思っていましたが、そもそも被保険者が存在しない事業所を登録することができないそうで、法人設立後の初めての手続きの場合新規適用届と被保険者資格取得届は同時に提出することになります

www.nenkin.go.jp

おわりに

新規適用届に関しては1週間程で「適用通知書」が送られてきました
また、保険証は2週間程で送られてきました